大人メンズもテカりに注意。テカりを抑えて清潔感UP肌へ

大人メンズのあなた。肌、テカっていませんか?

年齢を重ねていくごとに乾燥や小じわが気になる方が多いかと思いますが、鼻や頬のテカりが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ビジネスにおいて清潔感が大事なのと同様、肌の調子は清潔感や印象を裏付けるパーツになります。また、女性と違って素肌で人と会う時間が多いメンズだからこそ、スキンケアは大切です。今回はメンズの肌のテカりについてと、保湿をしてテカリを抑えるケアについてもご紹介したいと思います。

「皮脂=おじゃま虫」ではありません

まず、皆さんに理解していただきたい大事なポイントがあります。皮脂は私たちにとって決して邪魔じゃない成分だということです。前回の乾燥肌の記事でもお話した通り、私たちの肌はいくつもの層によって成り立っており、その中の最も外側にある角層が水分をキープしています。その上を覆っている皮脂が、水分を逃さないための天然のオイルの役割を果たしているのです。テカりで悩んでいる方は、今回の記事を読んで皮脂とうまく付き合っていく方法を見つけて下さい。

皮脂はこんな時に分泌します

天然の油分である皮脂は大切な油分。困ってしまうのは皮脂が過剰に分泌してしまうことです。では、どんな時に皮脂は分泌されるのでしょうか?答えはとてもシンプルです。テカり悩みを解決させるために、まずはテカりの原因を知りましょう。

その1.甘いものや揚げ物を食べすぎたとき

疲れているときに甘いものを沢山食べたり、お酒のおつまみで脂っこい食べ物を頻繁に口にしていませんか?体内は糖分や油分を吸収したり分解する時にビタミンB群を消費しています。そのため、テカりだけではなく甘いものや脂っこいものを食べすぎるとニキビが出来てしまうことも。ご自身の健康のためにも栄養バランスを意識した食生活を心がけましょう。

その2.肌が乾燥しているとき

肌がテカっているにも関わらず内側が突っ張っている、という感覚はありませんか?この症状を「インナードライ」と言います。このインナードライの原因は乾燥です。肌は乾燥すると外気や紫外線による刺激に弱くなるため、油分を分泌して補おうとします。この油分が過剰に分泌することで肌にテカりが生じたり。インナードライになることも。インナードライは女性だけではなく男性にも起きる肌悩みのひとつです。保湿を行いながらご自身の肌を触ってインナードライになっていないかも、確かめるようにしましょう。

その3.ビタミンが不足しているとき

ビタミンは肌バランスを整えるために大変重要な役割を果たす栄養素です。ビタミンが不足すると肌の脂質のバランスが崩れ、肌質が脂性に偏ってしまうためです。脂っこいものや甘いものを沢山食べたときだけではなく、喫煙も体内のビタミンを破壊してしまいます。口内炎や口角炎になりやすい方や、野菜やフルーツをあまり食べない方は意識して摂取するようにしてみて下さい。

気をつけたい、実はNGなテカり対策

どんな事もやりすぎが禁物と言われる世の中ですが、スキンケアも同様です。テカり対策を既にしている、けれどもなかなか解決されない、という方はこちらの3点をチェックしてみて下さい。

過剰な皮脂や角質の除去をしている

テカりや肌が脂っこくなっていることを気にして、頻繁にスクラブや洗顔、シールタイプの鼻パックなどを行っていませんか?皮脂が少なすぎるのもNG。肌は、皮脂が足りないと角層がむき出しになってしまうため「肌を守るため」に油分を分泌しようとします。スクラブは週に1〜2回まで。洗顔も朝と夜の1日2回までにとどめましょう。また、肌は意外とデリケート。スキンケアを行う時は肌をていねいに扱いましょう。

クリームや乳液の塗りすぎ

乾燥が気になるから、という理由でクリームや乳液をたくさん塗ってしまっていませんか?適切な量の化粧水やクリーム、乳液をつけてケアをすることは大事なことです。極度な乾燥肌の方がクリームや乳液ばかりに重点を置きすぎてしまい、インナードライに陥る例も少なくありません。また、クリームや乳液だけではなく、化粧水をつけることも忘れずに。クリームや乳液は化粧水の水分をフタをする感覚で塗りましょう。

勘違い脂性肌によるさっぱりケア

思春期の頃からニキビや脂性肌に悩んでいて、大人になった今でもサッパリとしたつけ心地の化粧水をつけていたり、化粧水のみで乳液をつけなかったり、といったさっぱりケアを行っていませんか?肌の乾燥はテカりを招く原因に繋がります。大人メンズは自分の状態を知りながら、その時に適切なケアを行うことが大切です。

スキンケアの時は自分の肌の状態を手でチェックしながらケアを行いましょう。どうしても脂性肌が気になる方や肌質が変わってきたと感じる方は、肌カウンセリングを受けてみるのも良いかもしれません。水分量や油分の量を知りながら、どんな化粧品が自分に合っているかを知ることが出来ますよ。

テカり対策に取り入れたい対策3選

テカり対策も体の外側と内側からのケアを行うのが大切です。肌だけではなく、ご自身の健康のためにも内側からのケアも忘れずに行いましょう。

ビタミンの補給

ビタミンは元気な肌づくりのためには欠かせない栄養素ですが、肌のターンオーバーの促進にも一役買ってくれます。オススメはビタミンB2とB6の摂取です。ビタミンB2が不足してしまうと皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなってしまうためです。また、ビタミンB6も皮膚や粘膜の健康維持をサポートしてくれます。これらの栄養素はかつおやまぐろ、レバー、うなぎ、卵などに多く含まれます。飲み会のおつまみにお刺身を取り入れるなどして気づいた時に一品、足してみて下さい。

収れん効果のある化粧水を使用する

収れん化粧水という化粧水があるのはご存知でしょうか?収れん化粧水とは、肌の組織や血管を引きしめる効果のある成分が配合された化粧水のことです。化粧水と乳液をつけた後、収れん化粧水をつけてやさしく拭き取るように使用してください。より保湿をされたい方は収れん化粧水の後に普段お使いのクリームを使うことをオススメします。

どうして気になる方はパウダーを使ってみて

忙しくなかなかケアが出来ないという方やよりテカりに気をつけていきたい方は、フェイスパウダーを活用してみてはいかがでしょうか。トリムクールは石鹸などに含まれるフェノールスルホン亜鉛酸という成分が収れんだけではなく、殺菌や消臭の役割を果たしてくれます。顔だけではなく体にも使える商品のため、カバンの中に1本入れておくといつでもデオドラントケアを行うことが出来ますよ。

テカった肌を引き締めるための収れん効果のある化粧水をご紹介

肌も気持ちもリフレッシュしたい方へ

photo from OPPEN COSMETICS

柑橘系の香りがする化粧水を使ってみてはいかがでしょうか?OPPEN COSMETICSが展開しているフェイストリートメントⅠは洗顔後の乾燥を抑えつつ収れんのサポートをしてくれる化粧水です。爽やかなシトラスの香りがするため、気持ちもリフレッシュされたい方や楽しくスキンケアをされたい方にもぴったりな品となっています。

脂性肌に特化した化粧水を探している方へ

Photo from DiNOMEN
Photo from DiNOMEN

毎日を自由で楽しく自信を持って生きる男性を応援するブランド、DiNOMENのフェイスローションはいかでしょうか。脂性肌向けのフェイスローションは、皮脂をコントロールしつつ肌をひきしめてくれることが特徴の商品です。エナンチアクロランタ樹皮エキスと言う、皮脂分泌を抑えて肌のテカりの増加を防いでくれる成分も配合されています。また、皮脂のコントロールだけではなくフラーレンが含まれているのも魅力の一つです。フラーレンは抗酸化作用と言う肌の酸化によるシミやそばかすの悩みに特化した成分も配合されています。年齢に応じた肌ケアもされたい方はチェックしてみて下さい。

角質ケアも同時に行いたい方へ

Photo from LAB SERIES

脂性肌が気になる、且つ角質ケアも行いたい方にはアラミスラボのオイルコントロール クリアリングソリューションがオススメです。女性が肌の角質ケアを行う時に使うクレイパックの成分が含まれています。テカりだけではなく、脂性肌からニキビになってしまう方にもオススメです。二層になっている化粧水のため、ご使用の際は中身が白濁色になるまでしっかりと振って、コットンにつけてやさしく拭き取るように使って下さい。また、アラミスラボは男性特有の肌悩みに特化して研究開発を行っているブランドです。ライン使いされたい方もチェックしてみて下さい。

テカり対策で素肌に自信を持とう

今回は、テカり対策についてお届けしました。女性と違い男性は化粧をしない方が多いですが、化粧をしないからこそ素肌により自信を持つためのケアを行ってみて下さい。また、スキンケアを通して栄養バランスとも向き合い、食生活も豊かにしていくと毎日が更に楽しくなると思います。いつものテカり対策に一つ、今回ご紹介した内容を足してみて下さい。

sitataru.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です