大人になったら見直したい 男性のための正しいいちご鼻ケアとは

毛穴や皮脂の詰まると悩みがちになる、いちご鼻。10代や20代の頃に皮脂の過剰分泌で悩み剥がすタイプのパックなどでケアをした方も多いでしょう。しかし、乾燥が気になる年代になってもいちご鼻に悩んだり、剥がすパックを用いたケアをしたりしたことはありませんか?

実は、多くの男性が10代や20代の頃に行っていた剥がすパックのケアは肌に負担を与える間違えたケア方法なんです。しかし、正しいケアがどのようなものか分からない方も多くいらっしゃると思います。

今回はいちご鼻に悩むメンズのために、小鼻の正体や原因はもちろんのこと、正しい小鼻ケアの方法についても紹介します。

いちご鼻の正体と原因を知ろう

思春期の頃に鼻にいちごのような黒い点々ができて、シートパックなどでとり除いた経験をしている男性は多くいると思います。まずは、いちご鼻がどのようにしてできるのかを知りましょう。

いちご鼻の正体は古くなった「角栓」

実は、いちご鼻の正体はホコリや汚れではなく、古くなった角栓です。角栓と聞くと柑橘類の果肉のようなものをイメージする方も多いと思います。

鼻に詰まった果肉のようなものが角栓になりますが、それらを取り除かないまま放置していると酸化して黒くなり、いちご鼻を作り出してしまいます。

いちご鼻のさまざまな原因は?

いちご鼻の角栓は古くなった角栓になります。いちご鼻の悩みを解消するために、悩みを引き起こす原因と解決策をチェックしてみましょう。

その1.乾燥と皮脂の過剰分泌

実は、肌の乾燥といちご鼻は大きく関係しています。肌は乾燥するとバリア機能が弱くなり、外部からの刺激から肌を守るために皮脂を分泌させます。

この過剰な皮脂の分泌と肌に蓄積した角質が、毛穴に角栓を詰まらせ、いちご鼻を作り出してしまいます。鼻が皮脂でテカっていたり、ベタついたりしていても保湿ケアはしっかり行いましょう。

その2.洗顔不足からくる汚れの蓄積

いちご鼻は洗顔不足からくる汚れによってできてしまうこともあります。メイクをしない男性でも、汗や皮脂、ホコリなどで肌が汚れてしまっているため、洗顔をしっかり行う必要があります。

朝と夜の洗顔をしっかり行って、汚れや角栓がたまらないようにケアをしましょう。

その3.ストレスや睡眠不足

私たちの肌は、ストレスや生活習慣の変化でホルモンバランスが大きく変わります。人はストレスを感じると、皮脂の分泌量が多くなりやすくなることも。

また、肌の角質が生まれ変わるターンオーバーのサイクルが乱れやすくなり、肌環境は不安定に。角質と皮脂がたまりやすくなり、いちご鼻ができやすくなってしまいます。

忙しい男性でもヘルスケアやストレスケアをしっかり行い、肌環境が乱れづらい肌づくりを心がけてくださいね。

実はやりがち!NGないちご鼻ケアは?

思春期の頃に多くの男性が行ったいちご鼻のケア。毛穴汚れをピンセットで取り除いたり、剥がすパックでケアをしていた方は注意してださい。実は、それらのケアは肌にダメージを与えてしまうことが多くあります。

ここからは多くの方が行ってしまっているNGないちご鼻ケアについてお話します。大人になった今も、思春期の頃に行っていた間違えたいちご鼻ケアを行っていないか、チェックしましょう。

過剰な洗顔

ニキビや皮脂の過剰分泌が気になって一日に何度も洗顔を行ったり、肌をゴシゴシこすって洗顔を行ったりしていませんか?

洗顔で汚れを落とすことは大切ですが、必要以上に洗顔を行うと肌は乾燥して皮脂は過剰に分泌してしまいます。

また、肌は非常にデリケートです。肌をゴシゴシ擦ると肌が傷つき毛穴が開きすぎてしまうことも。洗顔は朝と夜の1日2回までにして、もこもことした泡になるように洗顔料を泡立てて行ってください。

毛穴の角栓をピンセットや爪で取り除く

鼻の毛穴に詰まった角栓を、ピンセットや爪で押し出そうとしたことはありませんか?

詰まった角栓を取り除きたくなることもあると思いますが、無理やり角栓を取り除くと、毛穴は広がってしまい、角栓が詰まりやすくなってしまいます。

角栓をピンセットや爪で無理やり取り除くと、いちご鼻が悪化してしまうため、無理に角栓を取り除く行為は控えるようにしてください。

角栓パックがいちご鼻の原因になることも

思春期の男性がよく使っているシールタイプの角栓パック。鼻に貼って時間が経つのを待つだけで角栓が一気にとれるため、いちご鼻に悩んだ方は使ったこともあると思います。

しかし、角栓パックは肌に大きな刺激や、ダメージを与えてしまいます。パックを剥がしたときに肌に与える刺激で肌は無防備に。そして、角質が分厚くなってしまうことから、いちご鼻になりやすい肌を作り出してしまいます。

角栓パックは使ってすぐはいちご鼻がきれいになるかもしれません。ですが、長期的にみてきれいな肌でいるためのケアを考えて角栓パックの使用は控えるようにしましょう。

毛穴レスな男性になるための正しいいちご鼻ケアは?

いちご鼻の原因が、皮脂の過剰分泌や毛穴汚れであることをお話してきました。では、どのようなケアを行えばいちご鼻の悩みを解決できるのでしょうか?

ここからは、どなたでも簡単にできる正しいいちご鼻のケアを紹介します。

その1.洗顔はしっかりと泡立てて行う

洗顔は手のひらやネットでしっかりと泡立てて行うようにしましょう。洗顔料を泡立てることで肌を傷つけず、いちご鼻の原因になる皮脂や角栓をしっかりと落とすことができます。

その2.男性向けのメンズクレンジングを使う

クレンジングと聞くと、女性がメイクを落とす際に使うもの、とイメージする方も多くいると思います。実は、クレンジングは男性用のクレンジングも存在しており、角栓汚れを落とすのに一役買ってくれます。

クレンジングは洗顔後に適量を手のひらにとり、顔全体にやさしくマッサージするようになじませて使用します。

クレンジングをなじませていくと、角栓や角質が剥がれて手触りがざらざらとしてくるので、顔全体の角栓や角質がとれてきたと感じたら洗い流してください。

このように、剥がすパックではなく、クレンジングを使用すると肌の負担を抑えながらいちご鼻や肌の汚れを落とすことができます。最後に、化粧水や乳液をつけて保湿をすることを忘れないようにしましょう。

その3.生活習慣の改善で肌環境を整えるのもGood

いちご鼻をケアする際、肌環境を整えて皮脂の過剰分泌や角質の蓄積からくる肌のゴワつきを抑えると肌悩みそのものを対策することができます。

肌環境は生活習慣の改善やストレスケアを行うことでも整えることができます。

長期的にケアを行うことが大切になりますが、根本の原因を対策することができるのでできることから対策を行ってみてください。

男性向け いちご鼻対策のための洗顔料は?

ここまでで、いちご鼻の原因や対策などを紹介しました。実際にケアを行う際、どのようなものを買えば良いか探すのも迷ってしまいますよね。

ここからは、いちご鼻対策におすすめのクレンジング機能つきの洗顔料を紹介します。

ORBIS Mr.(オルビスミスター) フェイシャルクレンザー

Photo from ORBIS

オルビスミスターは、通販化粧品でおなじみのオルビスの男性用シリーズです。

フェイシャルクレンザーは、炭の成分を含んだクレイで皮脂や角質などをしっかり落としてくれます。また、アレルギーテスト済みのため、肌の調子がゆらぎやすい方にもおすすめです。

PHYTOMER(フィトメール)オムライン クレンジングジェル

Photo from PHYTOMER

フランス生まれのフィトメールは、海水のミネラルを用いて開発された「オリゴメール」成分を配合したコスメを展開するブランドです。

クレンジングジェルは、清潔な肌に導くためのメンズ用洗顔料です。一本で洗顔とクレンジングを行うことができるため、忙しい男性にもおすすめです。

アラミスラボ プロ LS フェース クレンジング ジェル

Photo from LAB SERIES

最新のテクノロジーを駆使して商品開発を行っているアラミスラボは、メンズのスキンケアでお馴染みのブランドです。年齢肌やテカリなど、様々な肌悩みに合ったコスメを買うことができます。

クールなジェルの感触と、濃密な泡が特徴のジェル状の洗顔料ですが、肌のpHバランスを考慮した洗い上がりになるように開発されています。そのため、汚れをしっかり落としつつ、洗顔後のツッパリを感じづらい肌環境に整えてくれますよ。

正しいいちご鼻ケアでより清潔感のある男性になろう

今回は思春期の頃から大人になっても悩むことが多いいちご鼻の正体や原因のほか、正しいケアの方法などを一挙紹介しました。

私たちの肌は一生もののため、正しいケアを行うことがとても大切です。そして、正しいケアを行うことできれいな肌の状態が長く続きます。

今回紹介したケア方法やクレンジングを参考にして、いちご鼻対策を行ってみてくださいね。

sitataru.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です